冬の乾燥肌、我慢できない痒みにアロマとハーブでセルフケア

冬は特乾燥が気になる季節。肌が乾燥してカサカサになりとてもかゆくなる。

そんな時、ダメだとわかっていても、かゆくてかゆくて我慢できなくて掻いてしまい、ひどいと掻きむしってしまいます。掻くほどに痒みが増してどうにも掻くのをやめれず掻きすぎて血が出て肌は傷だらけ、という最悪の状態に陥ります。後にその悲惨な傷痕は色素沈着で黒ずんだりシミになってしまう事もあります。

わかってはいるけれどやめられない掻きむしり、何とかしたいものです。一旦痒みがでて掻きだすとやめれなくなるので、かゆみが起こらないように予防することがポイントです。


こちらの記事では、そんな「乾燥によるかゆみ」の原因と対処法について自身の体験をふまえご説明いたします。

 

 

 

乾燥による痒みの原因は?

正常な皮膚の表皮は、水分と油分(皮脂)によって外部からの異物が侵入するのを防ぐバリア機能になっています。
しかし、乾燥肌は、皮膚の表面から水分や油分が失われ、バリア機能が失われ外からの刺激をうけやすい状態になっています。
つまり、ちょっとした刺激に対しても敏感に反応し、かゆくなるのです。衣類の着脱などもそうです。刺激されることによって、神経が興奮してかゆみが発生します。

乾燥肌ってどんな症状? 

皮脂、水分が不足してカサカサになった状態です。

畑の土が水分がなく乾燥して土がヒビ割れしている状態と同じです。

まさにお肌もそんな状態なのです。

 

乾燥したお肌は粉をふいたようにカサカサになり、かゆみを伴います。健康な肌は、皮膚の細胞と細胞の間に隙間がなく、ぎっしりとくっついているのですが、乾燥肌は、細胞と細胞の間に隙間ができているのが特徴です。まさに土がひび割れしている状態のことです。 

 

乾燥肌はどうして起こる?

皮脂や細胞間脂質が減少して、角質層の水分が少なくなるからです。(細胞間脂質:角質の細胞と細胞をつなぐ役割をしているセラミドなどのことを言います。)皮脂膜が破壊され、水分が蒸発してカサカサ肌になります。(土壌が荒れてヒビ割れした状態)本来なら蓄えられているはずの水分が減少して細胞間に隙間ができてしまい、水分が皮膚の中からどんどん出て行ってしまいます。

このように冬の寒さで皮膚の保湿機能が低下し、空気の乾燥が加わって乾燥肌になるのです。暖房などを使用することで、ますます乾燥が進みます。

(他にも生活習慣の乱れ、ダイエットや偏食などの食生活の乱れなども乾燥肌の原因になります。)

角質層のキメが粗くなる(皮膚の細胞と細胞の間が隙間だらけ)ことで、アレルギー物質や細菌の侵入を防ぐ肌のバリア機能が弱くなり、ちょっとした刺激でも、過敏に反応するようになりかゆみなどの症状がみられるのです。

 

乾燥して痒い時の対処法は?

とにかく痒みを抑える必要があります。

・保冷剤などで冷やす。とにかく冷やします。

 水風呂へ入るのもオススメですが、冬は心臓に負担がかかるので極力避けた方がいいかもしれません。要注意です。(ちなみに私はあまりにひどい時は水風呂へ入ってました!)

・ラベンダーやカモミール精油をホホバオイル等で希釈したものを塗布する。

(*精油で作った軟膏を塗ってもいいです。)

カモミール・ローマンが含むアズレンという成分は、強い抗炎症作用を持っています。肌のトラブル対策として、かゆみや乾燥をともなうデリケート肌用の入浴剤などに使われています。スキンケアに利用する場合は、ホホバオイルなど保湿性の高いキャリアオイルで希釈して肌に塗布したり、ローションやクリーム、入浴の際にぬるめのお湯に入れるなどして使用します。

ラベンダーは殺菌、抗炎症作用のほか、皮膚組織再生など傷を癒やす作用があり、手荒れ、かゆみなど幅広い肌トラブルに最適な精油です。

精油の原液はとても濃くてそのまま肌に塗ると危ないので、ホホバオイル等で必ず薄めてくださいね 

・医師に処方してもらったかゆみ止めで症状を抑える。

(本当は、そこまでいってほしくないです。)

*私のレスキュー軟膏:60ml

 材料は 蜜蝋 11グラム
 キャリアオイル  50ml (ホホバオイルなど好きなオイルをブレンドで)

 精油  30滴(ラベンダーとカモミールの2種類)

こちらはまた別の機会に書きます!

 

掻いてはいけない理由3つ

1.かゆみを増長させないため

2.症状の悪化を防ぐため

3.皮膚を傷つけないため

 

かゆいから掻いてしまうのですが、掻いているときは、一時的に気持ち良いですが、かゆみが治まるわけではありません。掻くことで逆にかゆみを増長させてしまい「かゆみの悪循環」を引き起こしてしまいます。ですので掻かないだけでも、皮膚症状はかなり良くなることもあります。

 

乾燥肌の予防と日々のケアについて

乾燥肌になると、外からの刺激を非常に受けやすい状態になります。そういう時こそケアが必要です。

1.徹底的に摩擦をしない

・肌をこすらない!

・洗いすぎない!

 

2.合成界面活性剤入りの石けん、ボディーソープを使用しない!

合成界面活性剤は人工的に合成された物なので人間の体の中に入ると分解することはできません。毎日使用すると、少しづつ蓄積されていきます。分解しないので肌にとどまり、バリア機能を壊していきます。肌の保湿力は低下し、乾燥肌は進行します。パッケージの全成分表示を見ると、界面活性剤を使っているかどうか確かめることが出来るので、購入時にご確認されることをおすすめします。

3.入浴後できるだけ早く保湿剤を使用する

お風呂から上がって10分以内のケアがオススメです。

入浴中は角層に水分が入り込み、肌は一時的に潤いますが、お風呂上りはお湯によって肌がふやけ、ゆるみが生じていますので、水分が逃げやすい状態になっています。入浴後はできるだけ早く、保湿剤を塗って水分が逃げないようにすることが大切です。入浴では熱い湯・長湯、せっけんの使い過ぎ・こすり洗いはNGです。

4.保湿はオイルで!

乾燥すると化粧水(水分)をたっぷりした方がいいのかなと思いがちですが、
カサカサ状態の時や、化粧水をたっぷりつけても肌が乾燥する時は、オイルケアが有効です。
肌細胞をつなぐ細胞間脂質が油溶性だからオイルの力が不可欠です。


オイルや精油はもちろん合成界面活性剤は入っていませんし、その天然の有効成分を細胞間のすみずみにまで浸透させたっぷり肌の奥まで届けてくれます。特に精油は分子量が小さく全身へと働きかけるので、おすすめです。

(ラベンダー、カモミール、ティートゥリーは特におすすめ)

5.かゆみ対策にハーブティーを飲む

カモミールハーブティがおすすめです。

抗炎症や抗ヒスタミン作用に優れているため、お肌のかゆみや炎症、肌荒れ、乾燥に効果が期待できます。寝る前に1杯を習慣にしてみてください。

6.かゆみを増長する食品を極力避ける!

キムチなどの辛い物や、血管を拡張させてかゆみを増長するアルコールはなるべくとらない。もしくは、ほどほどにした方がいいです。また、かゆみを増長するヒスタミンやその類似物質が含まれる食材に、ほうれん草・なす・さといも・たけのこ・トマト・チョコレートなどがあります。必要以上に除去する必要はありませんが食べ過ぎには注意が必要です。

7.暖房器具について

暖房で部屋の空気が乾燥すると皮膚の水分も奪われ、皮膚が乾燥してきます。加湿器を使ったり、部屋の湿度を上げる工夫が必要です。

(電気毛布、こたつも水分を奪ってしまいます。)

個人的にはオイルヒーターがおすすめです。

まとめ

かゆみが出るとついついかきむしって傷になってしまうことがありますので、極力我慢です!

そして日々のケアとしてハーブティを飲むことを習慣にし入浴後はアロマオイルで保湿を欠かさないことです。また、化学繊維の肌着は極力さけるなどお肌をいたわる気持ちを大切にしてください。

とにかくかゆみが出ないように対策が不可欠です。日々出来る簡単な事から始めてみてはどうでしょうか?

私自身、もう何年も毎年乾燥による肌のかゆみに悩まされていました。かきむしったところはシミになっています。背中や足に多いです。タイツを脱いだ瞬間に痒みがでたりお風呂に入る前に服を脱ぐと痒くなることが多かったです。あとは寝ているときに体温があがってかゆくなり起きて掻きむしることも。

気がおかしくなったのか?というほどかきむしってました。

病院の薬以外で何とかしたくてアロマとハーブティーを取り入れました。暖房もオイルヒーターに変えました。いつも飲むお茶をハーブティーに変えました。

色々やって2年ぐらいしてかゆみが出てこないようになりました。時々顔を出すときもありますが、日々かきむしっていたころと比べるとかなり良くなりました。

ずっと続くかゆみは、相当なストレスです。特に寝ているときにかゆくなると眠れなくなり、ダメージが大きいです。

ご紹介させていただいた対処法を参考に、今度こそ乾燥肌によるかゆみを緩和・解消させましょう!!

f:id:fujiko-aroma:20181119225926j:image
ティーバッグを入れた後は必ずふたしてくださいね!この水滴が大事なんです!

f:id:fujiko-aroma:20181119225942j:image

 

 

こちらに合成界面活性剤のリストが乗っています。

参考にしてくださいませ。

 

ティーバッグが便利です!